新潟会場開催概要2017

2017年開催概要主催者挨拶当フェアの特長
名称 福祉・介護・健康フェア2017
日時 2017年11月19日(日) 午前9時30分~午後4時30分(予定)
主催 新潟日報社 新潟県社会福祉協議会 新潟市社会福祉協議会
後援(予定) 厚生労働省、経済産業省、農林水産省、新潟県、新潟市、県内市町村社会福祉協議会など
企画・運営事務局 新潟日報サービスネット
会場 朱鷺メッセ 展示ホール(ウェーブマーケット)、スノーホール、エスプラナード、ホワイエ、アトリウム
参加対象 福祉・介護・健康に関心のある方、ならびに関係者
来場目標 17,000人
顔写真_小田敏三社長 株式会社 新潟日報社
代表取締役社長 小田 敏三

県民が安心、安全、そして健やかな暮らしを送るための一助となるよう開催して参りました「福祉・介護・健康フェア」は今年で6回目を迎えます。これまで、多くの企業・団体様にご支援を賜り、大変有意義なイベントに成長させていただきましたことを心から感謝申し上げます。

少子高齢化、人口減少のスピードは増すばかりで、特に地方において顕著です。また、インターネットの進展などにより社会環境が激変し、人と人、地域とのつながりが希薄化する中、お互いに支え合う心を持ち、手を取り合うことの大切さは増すばかりです。年齢を重ねても、また障がいがあっても、自分らしく地域で暮らし続けられるような共に生きやすい社会が必要です。新潟日報社創業140年の節目にあたり、そうした社会実現のため、日々の新聞紙面を通じた情報発信はもちろん、本フェアを通じて、県民の豊かな暮らしを支えるべく、いっそう努めていく所存です。

つきましては、本年度の開催にあたり、趣旨ご賢察のうえ、皆様のご支援・ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

顔写真_竹内会長 社会福祉法人 新潟県社会福祉協議会
会長 竹内 希六

2012年の初開催から「福祉・介護・健康フェア」も今年で6回目を迎えることができました。規模や内容ともに年々拡大・充足し、また数多くの皆様から来場していただき、盛大に開催できますことに心より御礼申し上げます。

私ども新潟県社会福祉協議会では、「共に生き共につくる福祉社会を目指して」を理念として掲げ、地域福祉活動の振興や高齢者・障害者の社会参加の促進、生活支援の充実、福祉従事者の確保や支援など多様な取り組みを行っております。

その中でも本イベントは、そのコンセプトである『学び』『体験』『感動』の場や機会の提供を通して、「福祉・介護・健康」に関わる最新の情報発信を行うものであり、県民の皆様の福祉の向上に大きく寄与できるものと考えております。

つきましては、企業や団体の皆様がお持ちの福祉・介護・健康に関する素晴らしい技術やサービス等を多く来場される皆様に是非ともご紹介いただきたくお願い申し上げます。

ご出展いただく企業や団体の皆様、そして来場者の皆様にとって有意義なイベントとなるよう努めて参ります。

関会長 株式会社 新潟日報社
代表取締役社長 小田 敏三

県民が安心、安全、そして健やかな暮らしを送るための一助となるよう開催して参りました「福祉・介護・健康フェア」は今年で6回目を迎えます。これまで、多くの企業・団体様にご支援を賜り、大変有意義なイベントに成長させていただきましたことを心から感謝申し上げます。
少子高齢化、人口減少のスピードは増すばかりで、特に地方において顕著です。また、インターネットの進展などにより社会環境が激変し、人と人、地域とのつながりが希薄化する中、お互いに支え合う心を持ち、手を取り合うことの大切さは増すばかりです。年齢を重ねても、また障がいがあっても、自分らしく地域で暮らし続けられるような共に生きやすい社会が必要です。新潟日報社創業140年の節目にあたり、そうした社会実現のため、日々の新聞紙面を通じた情報発信はもちろん、本フェアを通じて、県民の豊かな暮らしを支えるべく、いっそう努めていく所存です。
つきましては、本年度の開催にあたり、趣旨ご賢察のうえ、皆様のご支援・ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

2016年度実績
豪華ゲストによる講演・トークショー実績